赤ちゃんの肌というと女性への褒め言葉にもなるように、つるつる・すべすべというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし実際には赤ちゃんの肌は薄く未発達で、新生児期をすぎると急速に乾燥しやすくなります。
カサカサに乾燥した赤ちゃんの肌はその他のトラブルをひきおこしやすくなるため、予防がとても大切です。

赤ちゃんは意外と乾燥肌なのです

新生児期の赤ちゃんは皮脂が過剰に分泌されていて、肌のきめも整っておりカサカサの乾燥肌とは無縁の状態です。
しかしこれが新生児期をすぎ、生後3~4ヶ月ほどになると、皮脂の分泌量や水分量が減少することで一気に乾燥しやすくなってしまいます。
元々大人の半分ほどの厚みしかない赤ちゃんの肌は、気候や刺激などの外的な要因に影響されて乾燥しやすいのですが、肌が乾燥しているとそのダメージがさらに増え、トラブルのもととなります。

乾燥肌で発生する肌トラブルとは

赤ちゃんの肌が乾燥していると、肌表面に傷がつきやすくなります。
肌に傷がついているとばい菌や汚れが入り込みやすくなり、場合によってはアトピーやアレルギーの原因にもなるといわれています。
乾燥が原因でかゆみが生じると、赤ちゃんが肌を掻いてしまって炎症やただれを起こすこともあるため、注意が必要です。

赤ちゃんのデリケートなお肌をケアするには

薄くデリケートな赤ちゃんは、母親が自身のスキンケアを行うように、保湿などのケアを必要としています。
赤ちゃん用のワセリンや乳液などを使用し、赤ちゃんの肌が乾燥してしまわないようにしましょう。
また、石鹸などで肌を洗うと乾燥してしまうと考え、お湯で洗うという方も多いかと思いますが、ばい菌や汚れが肌トラブルの原因となることもあります。
そのためお湯だけではなく、石鹸やボディソープでしっかりと汚れを落とすことが必要です。
その場合は決してゴシゴシとは洗わずに、しっかり泡立てた泡で優しく洗ってあげましょう。

赤ちゃんの乾燥肌は、普段のケアで十分に防げる肌トラブルです。
保湿と洗浄を心がけ、バリア力の弱い赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。