肌が敏感な赤ちゃんは少しの刺激ですぐに発疹が現れます。新生児ニキビ、脂漏性発疹、あせも、かぶれ、アトピーなど、新生児期から乳児期にかけて現れるこれらの発疹は原因の特定が難しいとされているため、この時期に起こる肌トラブルを総称して乳児発疹と呼びます。

乳児発疹が出ないように保湿を

乳児発疹は多くの赤ちゃんが経験するもので完全に予防する事は難しいです。しかし常に肌を清潔に保つ事や保湿をしっかりとすることで予防に繋がります。比較的軽い症状でも早めにケアする事で、発疹をかきこわして症状が広がる事態を未然に防ぎましょう。

もし乳児発疹が出てしまったら

新生児ニキビや脂漏性発疹のような皮脂の分泌が多いために起こる発疹の場合、肌の表面に雑菌が繁殖しやすいので清潔に保つ為にこまめに汗やよだれを拭いてあげたり着替えさせてあげましょう。乾燥肌やかぶれによる場合はきちんと保湿をしてあげる事が大切です。いずれも乳児発疹は自然と収まっていくケースがほとんどですのであまり心配はいりません。しかし中には皮膚科で処方された軟膏でしか症状が収まらない場合や、すでにかきこわしてしまい菌やウイルスが入り込み感染症に繋がる場合もあります。発疹が広がったり症状が酷い時にはすみやかに皮膚科を受診しましょう。