おむつかぶれってなあに?

刺激によるかぶれ「非アレルギー性皮膚炎」の一種です。
おむつが当たる部分や肛門の周りが赤く腫れブツブツとした発疹がでて、悪化すると範囲が広がり真っ赤に腫れてじゅくじゅくと皮が剥け血が滲みかさぶた状態になる事もあります。激しいかゆみや痛みを伴うため、お尻を拭くと酷く痛がったり、かゆくておしりに手をやる事があります。おむつの中は密閉されているため、排泄物や汗などの湿気により皮膚が蒸れおしりが強く擦れてしまいます。そこに便中の消化酵素やアンモニアや細菌が刺激になり炎症を起こすのです。特にゆるめの便は皮膚への刺激が強くあっという間にかぶれてしまいます。

おむつかぶれって防げるの?

おむつかぶれの原因は、主に長時間おむつを替えなかった事です。おむつがぬれたらすぐに取り替えることがおむつかぶれを防ぐためには最も重要です。また、おむつを替えた際おしりを綺麗に拭いた後によく乾燥させてからおむつを当てましょう。お風呂上がりにベビーパウダーを叩いてあげる事も効果的とされています。

おむつを変えてみてはいかが?

紙おむつのメーカーによって赤ちゃんの肌との相性があります、様々なメーカーものを試してみて赤ちゃんの肌に合うものを使いましょう。またおむつのサイズがキツいと、その分擦れる刺激が強くなりおむつかぶれが酷くなります。

お尻がかぶれてしまったら

おしりが赤くなっていたら市販のおしりふきは使わずに、ぬるま湯でそのつど洗い流しましょう。もしくは水をたっぷりと含ませたコットンで優しく洗います。洗った後も柔らかいタオルで優しく水分を吸い取り、馬油やワセリンなど油分の多い保湿剤でお尻を保護してあげましょう。しかし、すでに赤みや発疹が酷く広がっている場合には皮膚科を受診しましょう。